BLOG
社員 奮闘記ブログ

体力や学歴だけじゃない、とび職人に向いてる人って?

2019.3.25

鳶職人に向いてる人とは

根性と体力に自信あれば!

鳶職の仕事は、目も眩むような高所での作業が多いので、かなりの度胸・根性は必要です。
下積み時代は、重たいものを運搬する事が多いので、体力に自信のある方がいいと思います。
現場で働いていく事で、自然とどんどん筋肉がついてくるはずです。

学歴やスキルがなくても!

最初は見習いとしてスキルがなくても、現場経験を積み重ねてスキルを磨いていけます。
学歴がなくても、会社の資格取得支援などを利用し、資格を取得したりなどで、
専門知識を学んでいきながら、自らの努力で成長をしていける仕事だと言えます。

自分で考えて仕事を進めていける

見習いから始めて、経験を重ねて、プロの職人にまでなると、
ただ、決められた通りに建物を立てていく。というのではなく
自らの知識を元に、図面を読み取って、完成後の建築物までをイメージしていく。
そして安全に効率よく進める為には、どうすべきかを考え、次の工程をイメージしていく、
創造力も必要になります。
作業途中でも、その場の適切な判断力も求められる為、頭を使って考える部分も多いと思います。

物づくりや街づくりへの興味がある人

鳶職人として味わう事の出来る一番の魅力とは何でしょうか?
一人では決して出来ない大きな物を
共に作りあげる喜びを共感しあう仲間がいる。

多くの職種の人と協力しあい、
大きな建物を完成させるというビックプロジェクト。

鳶職人は、ゼロ地点から、少しずつ
建物が出来ていく過程をみながら、
自分が携わった建物に愛着が湧いてくる。

建物を無事に完成させる度
大きな達成感に感動することでしょう。

とび職人へ10の質問 共に日本1の鳶会社を目指す社員募集
体力や学歴だけじゃない、とび職人に向いてる人って?

高校生積極採用中!