BLOG
社員 奮闘記ブログ

実は奥が深い玉掛けという重要な作業

2019.3.20

玉掛けとは

クレーンのフックに荷物を”掛けたり”、”外したり”する作業を言います。

安全に運ぶ為、玉掛け用具の正しい選定や正しいつり方を習得する必要があり

労働安全衛生法により、資格保持者でないと作業出来ない事になっています

玉掛け作業について

事前点検

  1. 始業前点検をし、現場を把握する
  2. ワイヤーに異常がないか?重量に対して適切か?
  3. クレーンの設置状態は良いか?
  4. ワイヤーを吊り荷にくぐらせる
  5. 準備が出来たら、クレーンに作業開始を伝える(吊荷を指示)

作業手順

  1. 荷物にふさわしい吊り具を選定して用意する
  2. 荷物の重量、重心を勘案して吊り具の掛ける位置を検討する
  3. 吊り上げる前に、実際に使うワイヤーなどの用具に損傷がないかを確認する
  4. クレーン運転手との合図を確認する。それに従ってクレーン等を手信号ホイッスルにより誘導する
  5. 荷物を吊り上げたら地切り荷物が地面を離れた所)した段階でクレーンを止め、フックにかかった状態や傾きなどを確認する。
  6. 荷物を目的地へ誘導する。
とび職人へ10の質問 共に日本1の鳶会社を目指す社員募集
実は奥が深い玉掛けという重要な作業

高校生積極採用中!