BLOG
社員 奮闘記ブログ

『人』に着目したインタビュー企画『フカボリ』第4弾!

2020.2.4

目 次

    山内さんの知られざるプライベートを大公開 、休日の過ごし方や最近はまっていることなど !熱く語っていただきました

    1. 子供の頃の夢は?

    小学校から中学校にかけて野球をやっていたので、プロ 野球選手になることが夢でした。 応援チームは読売ジャイアンツでしたね。

    2. どんなご家族ですか?

    一歳上の姉がいます。 自分は現在清瀬市で一人暮らしをしていて、姉は隣町に住んでいます。たまに遊びに行ったりするくらいの仲ですね。 実家のある東村山にもときどき帰ります 。実家には犬もいるので、一緒に遊ぶのがいつも楽しみです。

    3. 趣味を教えてください!

    小学校1年生のとき、母に連れられて参加したことがきっかけで、和太鼓を始めました。今も続けていて、地域の和太鼓サークルに所属しています。休みの半分くらいは持っていかれますね(笑)週に一回、仕事終わりに練習があるほか、休日は市外での演奏に行くこともあります。地域の子ども、おじいさん、おばあさんたちも集まるコミュニティになっています。お祭りに出たり、例えば敬老の日には市内の老人ホームに伺って、「祝い太鼓」を演奏したりしています。
    2月16日(日)に公演もあるので、お時間のある方はぜひお越しください!

    4. 最近はまっていることは?

    ゴルフにはまっています。もともとやっていた和太鼓仲間に「連れて行ってあげるよ」と誘われ、2018年の年明けに初めてコースに行きました。
    なかなか上達しないのですが、楽しいです。会社でも、コンペに出場したり、先輩に誘っていただいたりしています。2019年は10回ほど行ったかな・・・。スコアは100を切ったことが無いので、100を切ることが今のところの目標です。

    5. 実は、◯◯の一員です!

    地域の消防団にも所属していて、消火活動、防災の呼びかけなどを行っています。清瀬市が定期的に行っている防災訓練・避難訓練に参加するほか、昔から行われている操法の大会にも出場しています。後者は団員で練習を重ね、年に一度、9月の大会で技術を競い合っています。毎年ゴールデンウィークが終わる頃に練習を始めていますね。地域での催しもの、お祭りの際には「警邏(けいら)」といって、火事の発生に備えて準備したり、防犯パトロールをして回ったり、注意喚起のため声掛けを行ってりしています。消防団をきっかけに、地域の方々との繋がりが増えました。こうした地域のコミュニティは、自分にとって大きな存在ですね。

    6. 人生の目標を教えてください!

    漠然としているのですが、いつか独立して自分の会社を持ってみたいなと思っています。もしやるならば鳶職に関わる会社ですね。職人をやっている以上、仕事を通じて下の世代の育成に携わりたいなと考えています。

    7. 仕事の好きなところは何ですか?

    頑張れば頑張るほど、達成感が得られるというところが好きですね。建物ができていく過程を最前線で見ることができる仕事なので、やはり完成したときの達成感はひとしおです。ほかの仕事では味わえない、この仕事ならではの醍醐味だと思います。

    8. 日常生活での至福を感じる時間は?

    僕と同じように、太鼓サークルと消防団とを掛け持ちしている仲間が何人かいて、休日はほとんど一緒にいるという感じなんです(笑)そうした仲間と会う時間はやはり「幸せだな」と感じますね。ご飯を食べに行ったり、映画を観に行ったり、近くの温泉に入りに行ったりすることが多いです。年齢が特に近いわけでもなくて、いつも一緒にいる仲間のほか、そのお父さんとも仲が良かったりします。太鼓仲間は、僕が小学校1年生の頃からの付き合いなので、年上の方もフレンドリーに接してくれるんですよ。

    9. 最後にメッセージをどうぞ!

    これからもよろしくお願いします!

    とび職人へ10の質問 共に日本1の鳶会社を目指す社員募集
    『人』に着目したインタビュー企画『フカボリ』第4弾!

    高校生積極採用中!